グリーンウェル。
こいつは7試合だけ出場し、
神のお告げで退団した伝説の阪神の助っ人だが、
メジャーでは12年間で通算打率0.303の一流選手である。

この人が、カンセコの薬物使用暴露本に噛み付いた。
内容は、カンセコが獲得した1988年のアリーグのMVPを剥奪すべきというものである。
ちなみに次点はグリーンウェルでこのタイトルを逃している。

実際のインタビューを聞いてないのでなんともいえないが、
ある記事では、カンセコがインチキして取ったものということを知って欲しいと書いてあったり、
他の記事では、カンセコのタイトルを剥奪して、次点である私にタイトルの権利があると書いてある。

グリーンウェルの気持ちはわかるけど、
17年前のタイトルをよこせというのは考え物だと思う。
(本当はそこまで言ってないのかもしれないが・・・。)
アメリカではミスターレッドソックスと呼ばれたほどの選手だったんだから、
かませ犬みたいに扱われて自分の株を下げて欲しくない。
むしろこの環境を生かし、MLBでの薬物使用を全面的に訴えて、
去年の古田並に評価を高めて欲しいものだ。
[PR]
by domitol3.0 | 2005-02-18 21:00 | 阪神。
<< ニュータイプの暴れっぷり(2)。 ストライキ。 >>