沖原トレード。
今日、阪神の沖原と楽天の前田のトレードが発表された。

楽天の救済トレードで、
楽天と沖原にとって良いトレードになりそうだ。

形的には、ファームの選手同士のトレードだけど、
沖原なら楽天のショートのレギュラーを取る確率が高く、
楽天のチーム力もわずかながらも上がることになるだろう。

救済トレードなんだから、
金銭でいいと思うんだけど、
楽天の選手枠の事情で交換トレードになったんだと思われる。

楽天から放出されてしまった前田は、
戦力外通告されたも同然である。

沖原でも1軍に上がれないチームで、
前田は戦力になれるのだろうか?

厳しい意見になるけど、
よっぽどのことがない限り無理だろう。

ここからは推測になるが、
阪神で1~2年やった後に球団職員などの身分が保障されているのだろう。

いや、そう思いたいものである。

シーズン前は、多くのセの球団は選手を無償で提供していたのに、
阪神だけ選手を提供しなくて阪神ファンとして肩身が狭かったけど、
使える選手を提供し、いらない選手を引き取る救済トレードをしたので、
これからは肩身の狭い思いをしなくてすみそうだ。


…で、トレード当日に沖原が2番ショートでスタメン出場している。

今まで岡田監督に干されていた悔しさを存分に晴らして欲しいものである。
[PR]
by domitol3.0 | 2005-06-10 19:36 | 阪神。
<< 大家友和。 ゴールデンアムール撤退か? >>